HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 博物館が活用するアクリルディスプレイ

博物館が活用するアクリルディスプレイ

活用の幅が広いアクリルディスプレイ

活用の幅が広いアクリルディスプレイ
現在様々なお店やオフィスで活用されているのがアクリル製のディスプレイです。
アクリル製のディスプレイは飲食店から展示会を開くようなセンターに至るまで様々な場所で活用されていますが、非常に広くて大きな場所で活用されていると言えば博物館が挙げられます。
博物館にもなるとかなり大きな展示物が置かれているケースが多いので、アクリルディスプレイの大きさもかなりのサイズになりますし、質の高いものが用意されています。
博物館においてはこうした展示物の設置の仕方が、来館する人から見てどのように作品や掲示物が見えているかに関して、かなりの影響があると言われています。
実際来館者の認知や感情に与える影響が違ってくると言われています。
大勢の人が行き交う中で展示物を上手に見せることが大切ですが、ディスプレイの角度1つで来館する人に与える印象や影響が違ってきます。
展示されている作品の情報を理解して、記憶しやすい展示の角度というものがあるわけです。

博物館の展示の方法

博物館の展示の方法
博物館で活用されるような巨大なアクリルディスプレイになると、当然一つ一つ店頭で売っているという類のものではなく、ワンセットずつの注文単位となり、保証期間などもかなり長くなってくるのが普通です。
基本的にこうした博物館用のアクリルディスプレイであれば価格もメーカーに問い合わせとなり、セットで注文するものとなっています。
訪れる人が博物館の展示物を見やすく楽しめるものとするために、多くの工夫が凝らされています。
実際ディスプレイの設置の仕方でどのように展示物の情報を伝えられるか、博物館側の腕の見せ所といったところでしょう。
こうした博物館にある展示物の設置、角度などを包括的に評価する方法もあり、来訪する人が最も好むディスプレイの仕方などが研究されています。
アクリル製のディスプレイは世の中で多く使われていますが、博物館のような大きな施設でも重要な役割を担っています。

一覧に戻る»