HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 可愛い小動物がよく見える!透明アクリル製飼育ケース

可愛い小動物がよく見える!透明アクリル製飼育ケース

軽くて丈夫な透明アクリル製飼育ケース

軽くて丈夫な透明アクリル製飼育ケースアクリル樹脂は、しなやかさを備えている一方で強度があり、また軽いため、ディスプレイ向けの什器として使われてきました。
動物類の飼育に使われているケースも、重くて割れやすいガラス製のものから、同じ大きさでも非常に軽いアクリル製の飼育ケースに取って代わられることが増えてきています。
そして、教育現場に小動物の飼育ケースを置きたいという場合、重量だけでなく、その丈夫さも選定基準に入れるべきでしょう。
小さな子どもたちは、色々な方法で小動物のリアクションを楽しみます。時には、おもちゃでケースを強く叩くような場合もあるでしょう。
ガラス製ケースの場合、ガラスが割れ飛散し、周囲にいる子どもたちが怪我する可能性がないとは言えません。
一方、アクリル樹脂は丈夫さとしなやかさを兼ね備えているため、ヒビが入ることがあったとしても、事故に発展するようなことはまずありません。

小動物がよく見える!透明アクリル製のディスプレイ

小動物がよく見える!透明アクリル製のディスプレイ一般的には、透明な素材といえばガラスを思いつくでしょう。
しかし、透明度においてはアクリル樹脂も引けを取りません。
むしろ、ガラスよりもアクリル樹脂の方が優れている点が多くあります。
ガラス板は一度傷つくと、二度とその傷を消すことはできません。
ガラス板は研磨することができず、仮に研磨したとしても荒い状態にしかならないのです。
それに対し、アクリル樹脂は傷ついても再度研磨することによって、新品同様の透明度を取り戻すことが可能です。
深い傷がついた場合でも、溶剤で溶かしたアクリル樹脂で傷を埋め、研磨するだけで強度も復活します。
また、曲面のある水槽を作った場合、その仕上がりの違いは歴然としています。ガラスでは不自然な凹凸が避けられませんが、アクリルは綺麗に仕上げることが可能なのです。
小動物の観察は、様々な視点から行えることが重要です。
アクリル樹脂であれば、透明度の高い筒などを作ることも容易です。例えば空中回廊を渡る魚やハムスターなどを観察できるケースを作ることも可能です。

一覧に戻る»