HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでかっこよくCDを飾って販売促進

アクリルディスプレイでかっこよくCDを飾って販売促進

お店が売り上げを伸ばすには

お店が売り上げを伸ばすには世の中にはたくさんの商品が売られていますが、お店側はいかにお客様に手にとってもらえるか、日々、試行錯誤をしながら、商品を店頭に並べている事でしょう。
ディスプレイの方法では、例えば、衣料品を取り扱うお店であれば、店頭にマネキンを設置し、実際に取り扱っている洋服を着せる事で、通り過ぎるお客様にぱっと印象付けたりする事で、その洋服が気に入れば、店の中に足を運んでくれるかもしれません。
レイアウトの仕方で一瞬にして、このお店では何を取り扱っているかを伝えるためにアクリルディスプレイを利用した飾り方もオススメの一つです。
まず、形状の種類が非常に豊富です。
例えば、3段のひな壇タイプやBOX型になっているアクリルディスプレイ、テーブルタイプやスタンドタイプなど、世の中に出回っている商品もたくさんあり、もし欲しい形状がなければ、オーダーメイドの対応ができる素材です。

CDショップでの飾り方

CDショップでの飾り方CDの場合、すぐに手に取りやすい商品ですので、見た目のインパクトが大切になってきます。
やはり、ただなんとなく机などに置いておくだけでは、人目を引かないので、アクリルディスプレイを上手に利用した飾り方をした方が人目に付くでしょう。
まず、入口のインパクトが大切です。
大体の店舗では新譜を店頭に飾るとは思いますが、同じアルバムを横並びで飾るよりも、色々な高さのアクリルディスプレイを置き、同じアルバムを何枚も並べるだけでも、人目を引きやすくなります。
高さをつけるために素材が重要になってきますが、木のboxを並べて、同じアルバムを並べた場合、向こう側の景色が見えないため、若干の圧迫感が生じてきます。
アクリルディスプレイの魅力は素材が透明の点なため、同じ並べ方でも圧迫感がありません。
またアルバムの中身が気になった場合、CDを取り出して、飾ろうとした際、そのままでは、立たせることも不可能で、傷もついてしまいます。
その場合はアクリルディスプレイで、挟み込んで飾る事も出来ます。
中身がきれいに飾ってある事で、中に入っている曲も気になり始め、結果、販売促進に繋がるでしょう。

一覧に戻る»