HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > おいしそうで芸術的な食品サンプルをアクリルディスプレイで展示

おいしそうで芸術的な食品サンプルをアクリルディスプレイで展示

食品サンプルの魅力

本屋で展示されているサイン色紙の魅力
日本では多くの飲食店の前には、食品サンプルが展示されています。
食品サンプルのメリットは、サービス内容や商品、価格、雰囲気であるかの情報を一度に伝えることが可能ということです。
飲食店に食品サンプルを展示するだけで、情報一度に伝えることができるため、時間短縮になり、店の回転率や売り上げを伸ばすことができます。
日本の食品サンプルのクオリティは非常に高く、お肉のジューシーさや食品の暖かさや冷たさ、野菜や果物の新鮮さをお客さんに伝えることもできるので、食品サンプルを見たお客様も思わず「食べたい」と思うのではないでしょうか。
また、言葉が通じない人にも、料理の内容を簡単に伝えることができるといったメリットもあります。
飲食店によっては海外からの観光客なども多く、日本語が読めない、わからない人にも、効果的にアプローチすることができるのは食品サンプルの大きな魅力です。

アクリルディスプレイを活用する

アクリルディスプレイを活用する
食品サンプルを展示する際は、ディスプレイ方法にもこだわりたいものです。
食品サンプル自体のクオリティは非常に高く、ディスプレイケースにいれずにそのまま展示すると、埃や手垢などで汚れてしまい、魅力的ではなくなってしまいます。
店舗の外で展示する際には、埃や手垢だけでなく、雨や太陽の日差しによって劣化してしまう恐れもあるでしょう。
食品サンプルの魅力が下がってしまうと、お客様に魅力を上手く伝えることができません。
食品サンプルを展示する際は、アクリルディスプレイを活用してみてはいかがでしょうか。
アクリルは、太陽光や雨などの影響に強い耐候性に優れており、食品サンプルの劣化を防ぎます。
また、アクリルディスプレイはお手入れも簡単で、手垢や埃がついても、濡れた布で拭くだけで綺麗になります。
アクリルディスプレイは透明度にも優れているので、見づらく感じることはありません。
様々なメリットがあるアクリルディスプレイで食品サンプルを展示してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る»