HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイは傷つきやすい?

アクリルディスプレイは傷つきやすい?

アクリルディスプレイは使いやすいアイテム

店頭で見かけることもあるアクリル製ディスプレイですが、これには多くのメリットがあります。
様々な形状のディスプレイを作ることができるため、多くのアイテムをカッコよく並べることができます。

アクリルディスプレイは使いやすいアイテム

モノを売る場面でも役立ちますが、そうではない場面でも雰囲気を演出してくれます。
アクセサリーを販売している店や時計店などでは、アクリル製ディスプレイをよく見かけます。
商品にあったディスプレイを用意することで、最大限魅力を発揮させられます。
ただアクリル製ディスプレイにもデメリットはあります。
当然といえば当然ですが、アクリル製ディスプレイは傷がつくことがあります。
ただ一般的な素材のディスプレイよりも傷が付きにくく、様々な場面で重宝されています。
世の中にはアクリルが使われているアイテムが多々あるのですが、やはり傷があると価値は低減するでしょう。
ただやり方次第ではそういった傷を消すことができるため、アクリルは愛用されています。
またアクリルは加工もできる素材であるため、今後も使用され続けるでしょう。

アクリル製ディスプレイって他の素材よりも傷が付きにくいの?

ディスプレイに使われる素材の代表格といえば、ガラスが挙げられます。
傷には強いとされていますが、意外と割れやすいのが特徴です。

アクリル製ディスプレイって他の素材よりも傷が付きにくいの?

ご存知の通りガラスは割れてしまうととても危険なので、注意が必要です。
そしてポリカーボネート板が使用されたディスプレイも見かけます。
これは傷がつきやすいという難点があり、傷を警戒している場合は選択肢から外れます。
ですが割れにくい性質を持っているため、安全性は高いかもしれません。
そしてアクリルも傷が付きにくいと言われています。
何よりも魅力的なのは、他の素材に比べて加工しやすいという点でしょう。
例えばショップで使うディスプレイの場合、必要に応じて加工もするでしょう。
加工を施すことで目立ちますし、商品の魅力をはっきりと伝えられます。
そういう面を考えると、アクリル製ディスプレイはおすすめです。
そんな魅力的なアクリルですが、ケースバイケースで傷ができることもあります。
ですが耐擦傷加工が施されているアクリルだと、普通に使う程度なら傷がつくことは無いでしょう。
多くの人が触れる機会が多いアクリル製ディスプレイに、耐擦傷加工を施すのもおすすめです。

一覧に戻る»