HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリル樹脂へのレーザー刻印でメッセージ性がアップ

アクリル樹脂へのレーザー刻印でメッセージ性がアップ

アクリル樹脂は加工しやすい

アクリル樹脂が加工性に優れていることもあって、近年では表札をアクリル樹脂で作るケースも増えてきています。
表札を作る際には加工が必要になりますし、デザイン次第では大幅な加工をすることも少なくありません。
レーザー刻印技術が発達していることもあり、表札に彫る苗字だけではなくて、様々なロゴやメッセージも刻印可能となってきています。
アクリル樹脂にレーザー刻印を施すことにより、オシャレさに溢れたディスプレイアイテムも以前よりも簡単に、そしてクオリティが高いものが製造できるようになりました。
社名をレーザー刻印して会社の玄関にディスプレイしたり、飲食店のメニューをアクリル樹脂で作り、各メニューをレーザー刻印するということすらあるようです。
アクリル樹脂はその他の素材と比較しても加工しやすく、メッセージやロゴを刻印しやすいので、オーダーメイド発注をする企業や個人も後を絶ちません。
ただ彫刻するだけではなくて、レーザーによる刻印ですから正確性も高いですし、綺麗に仕上がるのがメリットだと言えるでしょう。
先進的なオシャレを表現するためのアイテムとしてディスプレイされているアクリル樹脂製品は、無地であっても確かにカッコ良さはあります。
しかしレーザー刻印が施されていると、奥深いデザインを堪能できますし、オリジナルアイテムを作り上げることもできるでしょう。

プラスチックで透明感があり、ステイリッシュで高級感が出ます

アクリル樹脂の良さを活かしてみる

アクリル樹脂ディスプレイ製品は透明度が高く、確かに時代の先頭を走っているような雰囲気を感じさせてくれます。
オブジェ、ディスプレイアイテムとしても最高で、アクリル製品を置くだけでガラッとイメージが変わり、オシャレアイテムとしても人気を集めています。
それだけで十分満足ですが、レーザー刻印でメッセージやロゴを入れることで、よりオリジナリティを表現でき、メッセージ性のアップにつながります。
レーザー加工だと、通常不可能だと思われるような細かいデザインにも対応できるので、実はプライベートのみならずビジネスでも役立ちます。
アクリルはとんでもなく使用できる範囲が広く、数多くの施設などで製品が使用されています。
それらの多くは何らかの加工が施されており、レーザー刻印されているアイテムもあるでしょう。
かなり素晴らしいメッセージ性を発揮しますから、表札や案内パネルをはじめ、ウェルカムボードやキーホルダーなどあらゆる製品が作れます。 アクリル樹脂の良さを活かしてみる

一覧に戻る»