HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイで食品サンプルをおいしそうに見せる

アクリルディスプレイで食品サンプルをおいしそうに見せる

おいしそうな食品サンプルとは?

おいしそうな食品サンプルとは? 初めて行った町、何も知らない場所などで食事をしようと思って飲食店を見つけたとき、
まず食品サンプルを見るでしょう。
こんなメニューでこのくらいのボリュームで、このくらいの値段なのか…と
入る前に必ずチェックしますよね。
そのとき、そのサンプルがホコリをかぶっていたり、古くて変色していたりして魅力的でなかったら、
まず、その店に入ることはないでしょう。
逆に、本物なのではないかと見間違えるほど精巧にできており、思わず触ってみたくなったり、
匂いがするのではないかと思って顔を近づけてしまうほど素晴らしい食品サンプルもあります。
そして、そんな食品サンプルがあまりにもおいしそうでもっとお腹がすいてしまい、
迷わずその店に入ってしまう…。
そんな経験もあると思います。
食品サンプルはその店の看板であり、集客を大きく左右する大事な販促ツールなのです。

アクリルディスプレイで食品サンプルをおいしそうに見せる

アクリルディスプレイで食品サンプルをおいしそうに見せる 現在の日本の食品サンプルの技術は素晴らしいものです。
サンプルの枠にとらわれず、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーにしたり、文房具にしたりして、
日本人のみならず外国人がお土産に購入するほどです。
そんな食品サンプルの本来の役割は、飲食店のメニューです。
本物と見間違えるような素晴らしい食品サンプルをさらに魅力的に見せるのは、
ディスプレイするケースです。
ケースは食品サンプルという主役を引き立てるための「舞台」なのです。
主役の食品サンプルをお客様の目を引くものにするには、アクリルディスプレイが不可欠です。

アクリルディスプレイは安全で清潔、中の食品サンプルをホコリから守ります。
食品サンプルが美しさを保ったままであれば、お客様が安心して商品と価格、店の雰囲気まで確認できます。
また、入店前からメニューをじっくり選ぶことが出来るため、お客様が席に着いてからのオーダーもスムーズとなり、
混雑するランチタイムなどには回転率アップにも貢献するでしょう。
アクリルディスプレイには食品サンプルを魅力的に見せるための様々なバリエーションがあります。
限定商品がある場合、特別セットがある場合、照明を当てる場合など、
ケースバイケースでコンパクトケースやローケースを用意した方がいいでしょう。

アクリルディスプレイで食品サンプルをおいしそうに見せる

エムプラチックでは、ケースだけでなく、食品サンプルが見やすいように角度をつけたアクリル台など
メニューや使用シーンによって最適なアクリルディスプレイをご提案・制作いたします。

一覧に戻る»