HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > かわいいぬいぐるみをアクリルディスプレイで展示

かわいいぬいぐるみをアクリルディスプレイで展示

ディスプレイに工夫をしよう

ディスプレイに工夫をしよう
店舗で商品を販売するためには、ディスプレイ方法が重要なポイントとなります。
お客様が求めている商品を魅力的に見やすく、思わず購入したくなるようにディスプレイしなければなりません。
単純に商品を並べるのではなく、お客様が求めている商品を見やすい場所に、効果的に並べ、興味や関心がないお客様にも興味を持たせ、購買行動を起こさせることが大切でしょう。
そのため、ディスプレイの方法は見やすく、触れやすく、選びやすくが大切です。
ディスプレイが難しいと感じている人も、多いのではないでしょうか。
特に、雑貨屋では様々な商品を取り扱っているため、すべての商品にメリハリのあるディスプレイを行い、ひとつひとつの商品の魅力を引き立たせなければなりません。

ぬいぐるみをディスプレイするときの注意点

ぬいぐるみをディスプレイするときの注意点
雑貨屋でぬいぐるみを販売することがありますが、ぬいぐるみを販売するときのポイントは、お客様と目が合うように並べることです。
ターゲット層が子どもであれば、子どもの目線に合うようディスプレイすると良いでしょう。
手に取りやすいと、ぬいぐるみの抱き心地の良さや柔らかさ、毛並みの良さがお客様に伝わり、購買意欲を高めることができます。
また、ディスプレイ方法だけではなく、ケースにもこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。
ぬいぐるみ用のディスプレイケースは様々ありますが、ぬいぐるみは劣化しやすい商品なので、注意が必要です。
ぬいぐるみを劣化させる主な原因は、直射日光やほこり、害虫などが挙げられます。
そのまま、ぬいぐるみをディスプレイするとどうしても、ほこりや害虫がつき、劣化してしまうのです。
そのため、ぬいぐるみを劣化させないためには、ディスプレイケース選びには注意しましょう。
ぬいぐるみのディスプレイには、アクリル製がおすすめです。
アクリルディスプレイは、太陽光に強い耐候性やガラスよりも強い耐衝撃性を持っています。
子供がアクリルディスプレイケースにぶつかるようなことがあっても、割れることがないため、怪我の危険性もありません。
太陽光やほこり、害虫から守れるアクリルディスプレイをぬいぐるみのディスプレイに利用してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る»