HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリル製メニュースタンドの種類と特徴

アクリル製メニュースタンドの種類と特徴

飲食店でのオーダー向上を担うメニュースタンド

飲食店でのオーダー向上を担うメニュースタンド 飲食店のメニューのアピールツールとして、定番アイテム化しているのがアクリル製メニュースタンドです。
定番や、オススメのメニュー、ドリンクメニュー、ランチ、おトクなセットなどを掲示することで、お客様からのオーダー向上に発揮してくれます。
アクリル製メニュースタンドの規格に応じた、POPを作成すると中身を差し替えるだけで別の掲示が可能になります。
新メニューの追加などで、わざわざグランドメニューのメニュー表を作成する必要がなくなります。
省力化と、アピール力向上の両方を担うことができるアクリル製メニュースタンドは、飲食店のテーブルに必須の存在です。

オリジナリティのあるメニュースタンドも可能

オリジナリティのあるメニュースタンドも可能 色々な形状のアクリル製メニュースタンドがありますが、店舗がメニュースタンドに求める効果は様々です。
オリジナリティを、求められることもあります。
アクリルは切断、接着、曲げに適した素材のため、お店のロゴの形をしたメニュースタンドでも作成可能です。
既製品には、ラインナップされていなくても、オーダー次第ではお好みのカラーで必要な形状のアクリル製メニュースタンドが作成できます。
台座部分に木や、竹などの別素材を採用したものもアピール力があって人気です。
変わったものでは、3枚のアクリル板を寄せて三角柱型にしたメニュースタンドもあります。
省スペースで3枚のPOPを掲示できるので、メニューだけでなく店舗からのお知らせやキャンペーン、会員登録の勧誘なども告知できるのが強みです。
さらに、アピール力を増すことが可能になるのは、カーブしたアクリル板を合わせて楕円の中空を作るオーバルです。
平面的なPOPも弧を描いたアクリル板に添って立体的になるため、特に強調したいメニューの掲示には断然オススメです。
中空部分にはアンケート用紙やペンを据えておくこともできます。
アクリルは、アイデアをカタチにすることができる可能性を備えた素材です。
そのため、オリジナリティを押し出したメニュースタンドでオーダー向上することができます。

一覧に戻る»