HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > ひな壇タイプのアクリルディスプレイのメリット

ひな壇タイプのアクリルディスプレイのメリット

ひな壇とは

ひな壇とは ひな壇とは、雛人形を飾る時に使われる、階段状になっている段のことで、
今では様々な分野で使われています。
歌舞伎で上段に長唄と下段に“おはやし”とよばれる演奏者が座る高さ違いの二段の台のことも、
ひな壇と呼ばれています。
また、劇場や映画館などの前の席より一段高くなっている席や、
国会の本会議場の大臣らの席もひな壇といいます。
そして住宅開発用地で、斜面に建てられた戸建ての家やその土地のこともひな壇と呼ばれています。
この住宅は、どの住戸でも日当たりと見晴らしがよいという特徴があり、評判がいいようです。
この他、今では「ひな壇芸人」と呼ばれる多くの芸人が、
トークやバラエティ番組で階段状の台に座って番組を盛り上げています。

店舗におけるひな壇タイプのアクリルディスプレイの特徴

貴重なものこそ飾っておこう 雑貨店や服飾、文具、おもちゃ、化粧品など、
なるべく多くの商品をお客様の目につくように展示するには、ひな壇ディスプレイは大変効果的です。
特にアクリルもよるひな壇ディスプレイは、
色違いや柄違いの多い商品や微妙なサイズ違いの商品などの比較がしやすく、
お客様も選びやすいものです。
また、ごちゃごちゃしがちな小物商品も、ひな壇タイプのアクリルディスプレイに並べておくだけで
整理整頓され、きれいに見えるため商品を魅力的に演出できます。
ひな壇のアクリルディスプレイにすると、予定以上の品数を並べることもできます。
値段も分かりやすく表示でき、お客様とお店の双方に大変便利だと言えます。

個人的に使用するひな壇タイプのアクリルディスプレイのメリット

個人的に使用するひな壇タイプのアクリルディスプレイのメリット プラモデルやミニチュア、電車模型、ミニカー、腕時計、フィギュアなど
趣味で集めているコレクションのディスプレイには、ひな壇タイプのアクリルがおすすめです。
せっかく集めたものは全て飾っておきたくても、数が多いとスペースを取るので、
気に入ったものだけを出して飾り、その他はしまいこんでしまう…。
全て並べたとしても、やはりお気に入りのものがどうしても前に来るため、
後ろに並んでいるものに関してはほぼ忘れられる運命です。
そんな時、ひな壇タイプのアクリルディスプレイにすれば、
全て見やすくスポットが当たり、コレクションもイキイキして見えるでしょう。
アクリルは軽くて割れにくく、地震などが来ても安心です。
ひな壇にすることで空間をうまく活用でき、大量のアイテムをすっきりと収納・展示することが可能です。

一覧に戻る»