HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > 案内板は木製よりもアクリルがおすすめ!

大切なペットの位牌にアクリルディスプレイ

食器屋さんでのアクリル素材の活用方法

食器屋さんには、様々な種類の食器がところ狭しと並べられているものです。
そういった場所でも、アクリル素材の活用方法があります。
陶器やガラス製の食器は、どうしても壊れやすい性質を持っているので、
棚に陳列する際にも注意が必要ですが、買いに行ったときにも、気を付けて扱うことが大切です。
時には、ガラス製のディスプレイに並べられていることもありますが、
そのような場合には、手にとって見るのは、商品が壊れてしまいかねないので、あまりおすすめできません。
そっと置いたつもりでも、ガラスの棚だと、大きな音がしたりして、
ひやっとした経験をお持ちの人もいることでしょう。
そのような、危険を冒してまで、どうしてガラスの棚にする必要があったのでしょうか。
それは、ガラスと陶器などの食器類の相性が良いからだといえるでしょう。
透明の棚であれば、裏もよく見えますし、下に置かれた商品にも、明るさを保つことが可能だからです。
そして、なにより、高級感も出ますし、商品の見栄えも良くなります。
しかし、そのために、安全性に不安が生じるのであれば、違う素材を検討するべきかもしれません。
アクリル素材なら、ガラスと同じような透明感がありますし、相性は抜群といえるでしょう。
食器屋さんでのアクリル素材の活用方法

震災対策としての活用方法

食器屋さんにおいて、陶器とアクリル製ディスプレイ什器は、とても相性の良いものといえそうです。
ガラスのように透明度が高く、高級感もありますし、価格もお手頃なのが嬉しいところです。
震災対策としての活用方法また、それだけでなく、壊れにくいので、活用方法としては、
震災対策から見ても非常に意味のあるものだと思われます。
それは、食器屋さんのように、お店のスペースに対して、商品の数が多くなりがちな店舗の場合、
地震などの大きな揺れが発生した場合には、陳列してあった商品が店中に散乱することになり、
お客さんに怪我を負わせる可能性が高いのに加えて、
避難するためのスペースを遮ってしまうことにもなり兼ねません。

東日本大震災の時にも、地震の発生時刻が夕方近くだったので、買い物に来ていた人も大勢おり、
食器屋さんで地震を体験する怖さを身を持って感じた人も少なくなかったようです。
食器を陳列するディスプレイ什器が、ガラス製で出来ていたとすれば、
被害は更に深刻なものにするはずです。
食器が壊れるだけでなく、地震の揺れによって、ガラス製のディスプレイ什器が破損してしまえば、
そのガラス片が店内に飛び散るだけでなく、
鋭利な刃物のように人々に被害を及ぼすかもしれないからです。

一覧に戻る»