HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > アクリルとガラスのショーケースの違い

アクリルとガラスのショーケースの違い

アクリルとガラスのショーケースの違い

アクリルとガラスのショーケースの違い 店舗を経営して商品を販売している人は、
商品の陳列にも苦労しているのではないでしょうか。
商品の並べ方一つで店の雰囲気も変わるので、
商品の魅力を最大限に引き出すことが不可欠になります。
そんな時に大きく役立つのがショーケースです。
ショーケースがあれば店内で特定の商品を際立たせることができるだけでなく、
中に入れた商品の盗難を防止するという意味でもとても役に立ちます。
一般的に店舗に使用されるショーケースは二つの種類のものがあります。
アクリルで作られたものとガラスで作られたものです。
アクリル製のものとガラス製のものはそれぞれ特徴があります。
耐久性の面から言うと前者のほうが後者よりも上です。
後者のものは割れやすいという欠点がありますが、
前者のものは割れにくいという大きなメリットがあるため、
店舗などのディスプレイで採用されることも多いです。
その他の特徴として透明度に関することがあります。
一般的に透明度が高いのは後者の方ですが、
最近では前者の中にもガラスと同じような透明度を持っているものも開発されています。
こうした商品はガラスの透明度と耐久性を両方兼ね備えていることが大きな特徴です。
商品をより美しく見せることができます。

アクリルのメリットについて

アクリルのメリットについて以上のようにそれぞれの物質の特質を比較した場合に、
アクリル製のショーケースの方がメリットが多いことがわかります。
この素材のショーケースにはそれ以外にも、
ガラス製のものに勝る様々なメリットがあります。
その一つは、軽量であるということです。 ガラスと比較して軽いので、持ち運びをするのもより容易になります。
ショーケースの中の商品を入れ替えたり、
ショーケースを移動させることが多い場合は、特にメリットがあります。
それ以外の利点としては、ガラスと比較して加工が容易であることがあげられます。
顧客の要望に応じてさまざまな形態のショーケースを作ることができるので、
お店の個性により馴染んだものを作り出すことができます。
さらに透明度を自由に選ぶことができるのも大きな利点です。
ガラスのような高い透明度のものだけではなく、
表面のつやを抑えたものや、フロストタイプのものも作成できます。
透明なショーケースではお店の雰囲気にそぐわない、といった場合に特に役に立ちます。
さらに他の素材のものと比較して有利な点は、色の種類が豊富にあることです。
さまざまな色のものを製作できるので、
お店のデザインとより調和したショーケースを展示できます。

一覧に戻る»