HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > アクリルディスプレイと木製ディスプレイの違い

アクリルディスプレイと木製ディスプレイの違い

アクリルディスプレイと木材

アクリルディスプレイと木材 商品を少しでもよく見せるためには、いろいろなディスプレイ方法があります。
それぞれの素材に対して様々な加工を施すことで、魅力的な展示品となります。
では、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、アクリルディスプレイの場合はアクリル素材を使っています。
透明度の高い樹脂なので、様々な商品に対応できます。
比較的加工が難しいのが欠点ですが、
中の商品をきれいに見せてくれるので非常に重宝されています。
一方、木製の材料も素材としてはよく使われています。
雑に扱っても割れにくく、非常に使いやすい素材のようです。
また、素材としては天然のものですから、
ナチュラルな雰囲気や風合いを出すのにも使われています。
木目はテクスチャの役割をし、ナチュラルでありながら頑丈で良い製品として
いろいろなところで需要を生んでいます。
どちらも軽く頑丈で割れにくいため、いろいろなところで使われています。
ディスプレイとしてだけではなく、日常での様々な素材として、
また商品としても世界中で使われています。
ただ、この2つのどちらがディスプレイに向いているかというと、
その時に扱う商品によって変えていくほうがいいかもしれません。

木製かアクリルディスプレイか

木製かアクリルディスプレイかこの場合、いくつかの選び方があります。
まず全く同じものをいくつも作る場合です。
木製にする場合、木目や木材の大きさ・量などによって、
微妙に差が出る場合が多く、全てを均等にすることは非常に難しいものです。
このため、微妙な差に目をつぶることができれば木製でもいいでしょうが、
たくさんのディスプレイが必要な場合は、
比較的アクリルディスプレイの方がいいようです。
もうひとつは見た目です。
木製にすると木目などで非常に雰囲気が出ますが、
その雰囲気が本当に商品に合っているかを考える必要があります。
実際、木目のような温かさがある商品ならばいいのですが、
そうではないような都会的な商品やクールに見せたい商品の場合は、
アクリルのほうが向いている場合も少なくありません。
また、他の商品との違いをよく見せたいときにも向いています。
よく似た商品を複数比較して見るときも、違いを明確にできるため、
アクリルディスプレイのほうが向いているようです。
ちなみに、アクリルに加工を施して木目のような模様をつけたり、
色を付けたりすることは可能です。
色や形の加工の自由度が高いのも、アクリルの特徴といえるでしょう。

一覧に戻る»