HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > これもアクリルだった!?大型店舗のインフォメーションボード

大切なペットの位牌にアクリルディスプレイ

アクリル素材の活用方法

最近では、大型のショッピングセンターが郊外を中心にあちこちに作られ、
レジャー感覚で買い物に訪れる人も多いようです。
はじめて行く店舗は、どんなお店が入っているのか、どこに行こうか、わくわく楽しいものですが、
あまりにも広い敷地なために、うっかり迷子になってしまうこともあるので、
特に小さいお子さんや、そういった大型店舗に慣れていないお年寄りと一緒の際には注意が必要です。
そのような場合でも、大活躍するのが、店内の至るところに設置されている、
インフォメーションボードです。
これらのボードには、店内の地図だけでなく、ショップの種類ごとに分類して記載されていたり、
お知らせが書かれていたりと、様々です。
大勢の人々が見ることになるので、耐久性は非常に大切です。
ですから、アクリル製品の活用方法を考えたときに、
こういったインフォメーションボードに最適だといえるのです。
また、アクリル製品は、形も色も好みのタイプで作ることができますし、
価格も他の素材で作るのに比べて、低めの金額で作成が可能なのも魅力といえるでしょう。
大型ショッピングセンターでは、遠くからでも、
はっきりと目立つインフォメーションボードである必要があるので、
上から吊るすようなタイプにすることも可能です。
アクリル素材の活用方法

大型店舗での活用方法

ショッピングセンターなどの大型店舗の場合、震災時の対策は非常に重要なことです。
休日ともなれば、大勢の人々が押し寄せることもあり、避難経路もしっかりと確保しておくだけでなく、
はじめてその店舗を訪れた人にも、不安にさせないで安心して避難できる環境作りが大切です。
地震などで、激しい揺れが起こった場合には、
まず、その揺れによって物が壊れたりして大きな音が出ることが、人々の不安を助長させるようです。
特に、ガラスや陶器などが立て続けに割れる音を聞いて、不安にならない人はいないことでしょう。
音による不安だけでなく、安全面でも、危険がいっぱいです。
商品を販売する立場から、地震のことを考えるあまり、
ガラスや陶器製品を扱わなくなるのは考え物ですが、
そういった商品の陳列には、なるべく被害を出さないように細心の注意を払うべきです。
また、インフォメーションボードなどのように、
大きくて、割れてしまった場合に凶器となるようなものについては、
はじめから、割れにくい素材で作る必要があります。
ですから、アクリル素材の活用方法として、
インフォメーションボードのような大型のものを作ることがあげられるでしょう。
割れにくいだけでなく軽量ですし、価格的にもお手頃です。

大型店舗での活用方法

一覧に戻る»