HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > 軽くて安全なアクリルブロックで記念品作成

大切なペットの位牌にアクリルディスプレイ

アクリルの活用方法について

アクリルプレートは軽くて扱いやすいので、壁などにかけて飾ったりすることができるので、
様々な用途で使うことができます。
とくに記念品の場合は表彰されてから、様々な場所に持ち歩くことがあるので、
なるべく軽くて持ち運びやすい素材が求められています。
従来の場合はガラスや金属などで作られていたのですが、
記念品のように多くの人に配るものに関してはコストを削減して、
輸送が手軽にできるものが人気となっています。
アクリルの活用方法についてまたガラスで作成した場合には破損する可能性もあるので、
破損を防ぐための活用方法としてアクリル素材が用いられています。
また会社の顔となる社名プレートを作成することもできるので、
さまざまな場面で活用方法が考えられています。
結婚式などの場合は引き出物として来場者に手渡される場合が多いので、
陶器やガラス細工などの重たいものはあまり好まれません。
そのための活用方法としてインテリアとしても使うことができる製品が開発されていて、
表面に写真を印刷することなどができるので、卒業アルバムとともに生徒に渡されたり、
結婚や出産の記念品として贈られることも多くなっています。
ガラス製品との最大の違いは壁掛けできることと割れにくいことです。

記念品の種類について

記念品には様々な種類があり、資格などをとった時にもらうことができる認定証は、
金色や銀色のプレートに文字を印刷して作成することで、
見た目が非常の豪華なプレートを作り出すことができます。
プレートの種類も透明なものや擦りガラス風なもの、スモークがかかっているものなどがあり、
これらの表面に直接印刷をしたり、金色のプレートに印刷をするなどして認定証を作っていきます。
記念品として需要の多いものは卒業式で生徒全員に手渡しされるプレートで、
これは軽い素材で作る必要があり、さらに割れにくいものでないと、
生徒が式から帰る途中に破損してしまう場合があります。
記念品の種類について卒業式や結婚式、出産などを記念した作られたプレートが破損をするとあまり気分が良くないので、
割れにくくてインテリアとして部屋に飾ることができるものが人気となっており、
表面に写真を印刷することができるので、劣化をしない素材で作っておくと、
いつまでも幸せな時期の写真を見ることができます。
また表彰状などは一生の思い出として室内に飾り付けておきたいものなので、
破損しない素材で作ることが求められていて、
地震などの災害が多い地域ではガラスよりもアクリルプレートが使われることが多くなっています。

一覧に戻る»