量産品とオーダーの違いとは

アクリルケースの量産品

アクリルケースの量産品 アクリルケースには様々な種類や色・形のものがあります。
とても透明度が高く美しいケースであり、樹脂製なので様々成形が可能です。
中に様々なものを埋め込んだり、鏡面にして裏面からの反射を見せるなど、
いろいろな工夫ができます。
このアクリルケースには量産品とオーダー製品があります。
量産品の場合はだいたいの用途を決め、
決めた用途に応じてだいたいの大きさや形を整えてあります。
基本的にある程度の大きさが決まっており、いろいろな製品としての使い方があります。
主に展示品を並べるディスプレイとしての役割であることが多く、
だいたい良い頃合いのサイズの製品を作ることが出来るのです。
量産品の場合は手に入れやすいということが大きなポイントでしょう。
たくさん売っているので、
手に入れやすく、追加で購入するときもたくさんの種類から選べます。
そして、非常に安価です。
透明で綺麗で手に入れやすく安価なため、それなりに良い物が手に入るでしょう。
仮に割れたり欠けたりしても、買い替えが簡単にできます。
このため、アクリルケースを様々なディスプレイに使うお店は多く、
個人でも趣味の品を並べるために使われることが多いものです。

アクリルのメリットについて

オーダー製品のメリットとはところで、アクリルケースを展示させる場合は、オーダーの製品もあります。
これは自分たちである程度の大きさを決めて発注することが出来るため、
それなりに大きさを決めたり、お店のディスプレイの一角をきれいに整えたりと、
できることの種類も様々です。
このような製品を比較してみると、やはり量産品よりもメリットが多くあります。
比較すると良い点は、ひとつはいろいろなものを埋め込めることでしょう。
ショップロゴを埋め込んだり、ラメを埋め込んだ台の上に商品をおいてゴージャスにしたり、
キャッチコピー等を明確にすることが出来るのです。
このため、ブランド商品をより高級に見せることができ、お客様の購買意欲をそそります。
メリットのもう一つは、オリジナルな大きさが作れるということです。
量産品と比較すると、中途半端な大きさだったり、
雰囲気が微妙に商品と似合っていないこともあるでしょう。
このため、比較してみるとやはり量産品とは違う良い雰囲気を持たせることができます。
必要に応じてメーカーの担当者と話し合い、
どのような製品にすればいいのかの相談にも応じます。
どのようなことが出来るかを知ると、
もっと他にもたくさんのことをしたいと思うでしょう。

一覧に戻る»