HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの活用法 > 見た目も重要なワインのディスプレイ什器

大切なペットの位牌にアクリルディスプレイ

アクリル製のワインのディスプレイ什器の活用方法

アクリルの活用方法として、まず什器があげられるでしょう。
ディスプレイ什器は、透明であったり、様々な色を付けることも可能ですし、
形も自由に作ることができます。
そのため、ディスプレイする商品に合わせて、
その商品の魅力を最大限に引き出すような形状にすることも容易なのです。
ワインは日本でも人気で、味にこだわる食通の人たちも多くいますが、
そのボトルは、たいてい同じような形状をしているので、
そのラベルの情報や年代などから、中身の美味しさを想像するしか方法はないといえるでしょう。
しかし、ワインをあまり飲まない人に、もっとワインの魅力を伝えるには、
どのようにしたら良いのでしょうか。
それには、まず、ワインのディスプレイの仕方に工夫するということが大切です。
ワインのボトル自体を見やすくするだけでなく、手に取りやすい工夫をしたり、
やわらかい持ち味が特徴のワインならば、そのイメージに合わせて、
曲線が美しいアクリル製のディスプレイ什器に飾っておけば、
見る側もイメージしやすいかもしれません。
ただ、同じ形状のボトルを並べた光景は、圧巻ではありますが、
新鮮味に欠ける場合もあるかもしれませんので、
アクリル製什器の活用方法として、ワインラックなどは最適といえます。
アクリル製のワインのディスプレイ什器の活用方法

什器の活用方法によって魅力度アップ

ディスプレイ什器は、売り場面積の多くを占めることも多く、
商品よりも目立ってしまっては困り者です。
あくまでも、商品を際立たせ、存分に魅力を引き出さなければなりません。
売り場のライトなど照明効果がある場合には、その照明との関係も考慮して、
ディスプレイの活用方法を考慮する必要があります。
ボトルのように、同じ形状の商品を多数陳列する必要がある場合には、
どの商品にも、平等にライトが当たるようにディスプレイすることが重要といえます。
ある商品ばかりが目立ってしまって、影になってしまった商品が売れないのでは困ってしまうからです。
でも、あえて、おすすめの商品がある場合には、
あえて、一際ライトに当たる、目立つところに商品を置くのも有効な手段ともいえます。
そうでない場合には、やはり、同じ環境になる工夫をする必要がでてきます。
木製の什器なども、味わい深くて、よい雰囲気になることでしょう。
でも、お店の照明にもよりますが、どうしても木製の場合は、影ができてしまって、
下に並べられた商品は、暗く目立たなくなってしまいがちです。
そういった場合でも、透明度が高い什器を使用することで、
光をさえぎることがないので、どの商品も魅力的に陳列することができます。

什器の活用方法によって魅力度アップ

一覧に戻る»