アクリル什器で売れる店舗を作る

売れる店舗をつくるには?

売れる店舗をつくるにはどのような事に気を付ければ良いのでしょう?
そのために必要だと言われるのが「お客様を売り場に誘導する工夫」
「商品を魅力的に見せる工夫」の2点です。ここでは、この2点を踏まえた
売れる店舗の作り方について見ていきます。

お客様を売り場に誘導する工夫

お客様を売り場に誘導する為にしなければならないのがターゲットの特定です。
自分たちのお店に来て欲しい、または来そうなお客様とはどんな人なのか?
年齢・性別・趣味などを想定して、お店のターゲットを明確化させます。
それができたら、そのターゲットとなるような人々が目にしたとき、
ついお店に入ってきてしまうようなPOPや販促ツール、入口の装飾を考え
最適なものになるよう設置します。

商品を魅力的に見せる工夫

ターゲットとなるお客様をお店へと誘導したら、今度は売場づくりです。
商品の魅力をしっかりと伝えるためには、「見やすく・分かりやすく」さらには
「選びやすく・手に取りやすい」という4点に注意した陳列をする必要があります。

売れる店舗作りに役立つアクリル什器

このような商品を魅力的に見せる陳列のために役立つのがアクリル什器です。
アクリル什器は、加工により様々なカタチに成形できるため、商品の形状に合わせて
お客様の「見やすさ」や「分かりやすさ」に配慮した什器を作る事が可能です。
また透明性や表情の美しさに特徴のあるアクリル什器は、お客様の目を引くため
商品の「選びやすさ」や「手に取りやすさ」にも効果的に働きます。
アクリル什器のメリットは他にも、丈夫さや耐久性、商品を保護する働きなど
さまざまなものが存在します。

売れる店舗とは、お客様にとって魅力的なお店だということができます。
常にお客様の視点で考える事でその実現が可能となるでしょう。

一覧に戻る»