アクリル樹脂の可能性

化粧品什器とアクリル樹脂

化粧品什器、特に化粧品陳列什器は、
アクリル樹脂で製造されることが少なくありません。
日本のアクリル樹脂の製造技術は、世界でも最高レベルと言われます。
化粧品什器でアクリル樹脂が普及した理由の一つは、
その特性の一つである加工のしやすさにあり、
ここではアクリル樹脂の用途、可能性について説明します。

アクリル樹脂とは

アクリル樹脂とは、アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体です。
それは、透明性の高い非晶質の合成樹脂で、 特にポリメタクリル酸メチル樹脂による透明固体材は、
アクリルガラスとも呼ばれます。

アクリル樹脂は、無色透明で、硬く、耐候性に優れています。
製品になったときに太陽にあたっても、
黄色くなったりボロボロになったりしません。

アクリル樹脂の透明性は、通常知られている樹脂の中で最も高く、かつ屈折率も大きいです。
また、無機ガラスに比べて、強靱で、安全性も高いです。

アクリル樹脂の用途と可能性

アクリル樹脂は身近なところでたくさん使用されています。
例えば、水族館の透明な壁です。
アクリル樹脂は加工しやすい為、ガラスではできないようなことが出来ます。
例えば、大きな水槽やトンネル型のように変形した水槽など。
他にも様々な用途があります。
例えば、コンビニエンスストアなどの看板、自動車のテールランプなど。
アクリル樹脂の可能性は、まだまだ広がります。

エムプラチックは、化粧品什器としてのアクリル樹脂の可能性を追求しています。
訴求力のある化粧品什器をお求めでしたら、一度お問い合わせください。

一覧に戻る»