HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリル什器についての基礎知識 > 多様な素材が加工できるレーザー加工とは?

多様な素材が加工できるレーザー加工とは?

レーザー加工とは?

レーザーは、一点に増幅させた光を集中して放つものです。
とはいっても、レーザー加工の場合は物体にレーザーを当てることで
彫刻したり切断したりしますが、
コンサートで用いられる一直線の光もレーザーです。
それらの違いは媒体の種類。その種類は100以上あると言います。
加工で使用されるのは炭酸ガスレーザーまたは
YAGレーザーという種類で、医療用にも使用されます。

全ての物質は原子からできていますが、
安定した原子に一定のエネルギーを加えることで光を放出します。
意図的に高エネルギー状態の原子を増やしてやると、
それに誘導された原子が更に強力な光を放つようになります。
媒体(加工機の場合炭酸ガス)の中を放出された光が進むことで、
光が増幅されるのです。
レーザー加工機は、レーザー発振機から出たビームを
鏡に反射させ、焦点レンズを通して加工する材料に当てます。
エネルギーの強さを調節することで、彫刻や切断など
様々な加工が可能となるのです。

レーザーを使うとどんなものができる?

レーザー加工機は具体的にはどんなことができるのでしょうか?
レーザーはアクリルと相性がいいですが、
木材や紙、金属、石材などにも使用が可能です。
穴をあける、切断するという完全に切り離す加工でも、
氏名や会社のロゴマークの彫刻、
フォトフレームや便せんの穴の空いた模様など、複雑な切断が可能です。
また、削る深さを変えることで表札や名入れの加工を
施すこともできます。
パソコンで描いたものをそのまま転写することができるため、
1つ作品を作るために型を作る手間も要りません。

一覧に戻る»