HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリル看板のメリット > 飲食店の看板を彩るアクリルディスプレイ

飲食店の看板を彩るアクリルディスプレイ

価格面でみる選び方

価格だけを第一に考えるならば、選び方において迷うケースはそう多くありません。
材質はアクリルと決まっているために、メーカーの違いによる強度の差などが目立ちにくいためです。
そして具体的な価格にしても、当然ながら体積の大小によるのですが、10万円を上回る製品は滅多にないのが現状です。
上記の点だけを考慮するならば、展示する予定の物品の体積や個数に合わせて適宜選択すればよいということになります。
ところが、そのほかの要素を絡めた視点でみると、そう簡単には決められません。
主だった要素を挙げると「店舗の雰囲気に合致するか」という点があります。
たとえば、店舗の看板です。
価格面でみる選び方現在、特に飲食店は各所における店舗数自体が他業種と比較して多いこともあり、様々な形や色の看板が街中に溢れかえっています。
せっかくインパクトのある看板が設置されているにも関わらず、アクリルディスプレイがごく一般的なもので、通行客に対して何のメッセージも生み出せないとなると、少々残念なことになりかねません。
このように、看板をはじめとして店舗全体の雰囲気に合致するかという点からも選定をしていくのが、特にライバルの多い飲食店としては必須でしょう。
価格面でみる選び方

集客面でみる選び方

飲食店にとって、売上と同様に大事なのは集客です。
集客面が弱ければ売上につながらないのですから、当然のことです。
この点から帰結するところとしては、他店舗との差別化の推進ということになりますが、世の中に星の数ほどの飲食店がひしめき合っている現在、味だけではそうそう差別化は図れません。
アクリルディスプレイの視点で差別化を企図するならば、まずは製品自体になんらかのインパクトがあるか。
もちろん、設置する物品自体が見づらくなるなど、著しく状態を変化させるものは好ましくありません。
そして、店舗の雰囲気に合致するか。
たとえば、店舗の外観が和風であれば、スチール枠よりは木枠の方が好ましいでしょう。
さらに、通行客の目線を考慮しているかどうか。
家族連れを主要客層として設定している店舗ならば、低年齢層の目線を考慮してやや高さのないディスプレイにする方が、その中に設置している物品をくまなく物色する可能性が高まります。
それにより、来客ごとの注文される品数自体が増加するという仕組みです。
そのほか、立地や周辺のライバル店など、細かく挙げていくとかなりの数の検討要素があります。
これらをトータルで考え、集客に結びつけることを前提で商品の選定に当たるのがコツです。
集客面でみる選び方

一覧に戻る»