HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイで震災対策 > 楽器の震災対策はアクリルディスプレイがおすすめ

楽器の震災対策はアクリルディスプレイがおすすめ

実は地震に弱いガラスディスプレイ

楽器店の経営者の方は、震災対策について悩む機会が多いでしょう。
従業員の避難訓練をはじめ、棚やディスプレイケースの倒壊防止策などは、
既に済んでいる場合も多いかと思われますが、
見落としやすいのが、ガラス製のディスプレイケース自体の耐久性です。
東日本大震災の際も、実際にガラスにひびが入ったり、
倒れてきた什器によってガラスが割れ、高価な楽器が傷ついた事例があります。
実は地震に弱いガラスディスプレイ一つ一つの展示品の金額が高いために、
楽器店は一度の地震で多額の損害を被りやすいと言えます。
地震から高価な楽器を確実に守るためには、
衝撃に強いディスプレイケースの導入が必要となります。
また、ガラス製のディスプレイケースのもう一つの欠点は、
ケース自体の価格が高いという点です。
楽器店のでは、チェロやコントラバス、トロンボーン等の大型楽器を展示するため、
サイズの大きいディスプレイケースが多くあります。
大きな地震でケースが全て損壊した場合は、
原状復旧のために数十万~百万円単位で修理費がかかることになってしまいます。
楽器が傷つくだけでなく、ケースの修理費で多額の出費が予想されるにも関わらず、
対策を講じずに放置するのは、重大な経営リスクであると言えるでしょう。

楽器店の震災対策にアクリルディスプレイを

楽器店の震災対策にアクリルディスプレイをガラス製のディスプレイケースによる震災時のリスクを、
安全で安価に解消してくれるのが、アクリル製ディスプレイケースです。
アクリル製ディスプレイケースの最大のメリットは、
ガラスに比べて耐衝撃性が格段に高いという点です。
地震の強いエネルギーでもヒビが入らず、
硬い物がぶつかっても割れにくいため、ケース内の楽器を確実に傷から守ります。
また、アクリル素材は加工が容易であり、ガラスと比べて軽量であるため、
同じサイズでもガラス製ケースに比べて大幅に安価なのがもう一つのメリットです。
よって、仮にケースに傷がついても、
ガラス製のケースに比べれば修繕コストがおさえられるのです。
一方で、アクリルはガラスに比べてどうしても外観が安っぽくなるのでは、
との懸念を持たれやすいのも事実です。
しかし、高品質なアクリルディスプレイケースなら、
楽器店の震災対策にアクリルディスプレイを ガラスに劣らず美しい外観を保つことができるので、
楽器店にとって重要である高級感や重厚感を演出でき、
震災対策だけでなく店舗イメージの向上の一助にもなるという、
まさに隠れたメリットに満ちているのです。

一覧に戻る»