地震に備えて額縁をアクリルに

震災対策で大切なこと

地震が発生した場合に備えて、室内を点検する際に留意すべきは、物の配置です。
棚の上に物を置いている場合や、壁の高い位置に物を掛けている場合は、
特に注意が必要になります。
地震が発生した場合に、物が落下する危険があるからです。
中でも額縁は、特に注意が必要になります。
古いタイプの額縁のほとんどは、表面のカバー部分がガラスで作られているため、
地震の揺れで落下するとガラスが割れ、二次被害を引き起こす可能性があります。
震災対策で大切なこと額縁そのものは無事でも、ガラスの破片で思わぬケガをすることも想定できるのです。
ですから、額縁を飾っている室内で震災対策をする場合には、
額縁のカバーの素材をあらためて確認することが重要です。
もし、ガラス製のカバーである場合は、
震災対策として、別の素材で作られた製品に交換することをお勧めします。
特におすすめなのが、アクリル製のカバーの額縁です。
アクリルが震災対策に向いている理由は、ガラスよりも安全性が高いからです。
衝撃に強く、丈夫でガラスよりも割れにくいので、
地震で落下しても破片が飛び散らず、二次被害を防ぐことができます。
また、軽量なので扱いやすく、持ち運びも容易です。
一つ一つの展示品の金額が高いために、

優れた多くの利点

優れた多くの利点アクリル製の額縁は震災対策だけでなく、それ以外にも多くの利点があります。
まずアクリル素材は、ガラスよりも透明度が高いのがメリットです。
中に収められた作品を、オリジナルのまま鮮明な状態で鑑賞することができます。

また、作品を長期間安定した状態で保存したい場合にも、アクリルは向いています。

それは、アクリル素材が中のものの劣化を防ぐことができる特性を持っているからです。
絵画などを額縁に入れて飾るときは、紫外線にも注意しなくてはなりません。

室内の環境であっても、窓から入る日光の中にも紫外線は含まれているので、
これが作品の劣化を促す恐れがあるのです。

ガラス製の額縁では効果的に紫外線を防ぐことができませんが、
アクリル製の額縁なら、紫外線を効果的に防ぐことができます。

優れた多くの利点 室内に入ってくる有害な紫外線の大部分をカットできるので、
できるだけ日光が当たらない場所に置くことで、
さらに効果的に紫外線対策ができます。

紫外線は、室内の蛍光灯などの照明にも含まれているので、
アクリル素材の額縁にすることで、さらに劣化を防ぐのです。

震災対策として、また作品の保護の観点からも、
アクリル製カバーの額縁は非常に多くの利点があるのです。

一覧に戻る»